宫城县大连事务所

文字サイズ

宮城県大連事務所

【北京】「日中観光文化交流事業」に参加しました

5月22日(金)~24日(日)、日本から観光や自治体関係者等約3千人が中国を訪問し、様々な「日中観光文化交流事業」が開催されましたが、当所では北京市内で開催された「観光商談会」、「FITトラベルフェア」に参加しました。

22日(金)の商談会は、日本側の旅行関係団体が中国側旅行社が座るテーブルを回る形で行われ、北京の大手旅行社をはじめ7社と商談することができ、今年1月に要件が緩和されたマルチビザ制度や「観光王国みやぎ旅行商品造成支援事業補助金」を紹介しました。

23日(土)、24日(日)のFITトラベルフェアでは、日本側45団体が出展する中、東北観光推進機構と福島県に隣接した場所で県ブースを出展し、仙台・宮城の観光の魅力をPRしました。来場者は皆日本に関心が高いことから、ブースに立ち寄る来場者は皆熱心に耳を傾けてくれました。

来場者からは、宮城を旅行する予定だという複数の方から具体的な問合せがあった一方で、今回ブースで話を聞くまでは震災後の状況が不安だったという声も多く聞かれたので、今後も来場者と直接対話できる機会を通じて風評の払拭に努めてまいります。

                             (2015年6月5日)

1 商談会の様子

33333 FITトラベルフェアの様子

222222 FITトラベルフェアの様子

ページのトップへ