宫城县大连事务所

文字サイズ

宮城県大連事務所

ハルビン・大連間高速鉄道が冬季期間中も時速300キロで運転

大連と瀋陽、長春、ハルビンとを結ぶ(総延長約900キロ)高速鉄道は、これまで冬季期間中(12月~3月)のみ、通常の最高速度、時速300キロを時速200キロに減速して運転していましたが、冬季期間中でも最高速度300キロで運転する条件が揃ったとして、今年の冬シーズンから通年を通して同じスケジュールで運行されることになりました。

これにより、一年を通して高速鉄道の最速列車は、大連北駅からハルビンまでが約3時間半、長春までは約2時間半で結ばれることになり、中国東北部内の行き来がますます便利になりました。

(2015年12月19日)

1

ページのトップへ