宫城县大连事务所

文字サイズ

宮城県大連事務所

大連の地下鉄が年度内に開通予定!

工事中の大連市地下鉄第1号線と第2号線が、今年の8月までにすべてのレール敷設が完了し、同年10月までに通電と試運転を開始し、来年3月末までに営業運転が予定されていることが地元の新聞で報道されました。
報道によると、地下鉄一期工事の進捗状況は、今年6月末までにトンネル工事が98%完了し、プラットホーム工事は全て完了。そのほか、通信や配電などの諸設備と内装工事も始まり、無人改札機は既に20か所、セーフティドアは16か所に設置されました。
大連市内は、バス59路線とラッシュアワー時には自家用車6千台が通過する東西を結ぶ道路と、バス30路線とラッシュアワーの1時間に9千台が通過する南北道路を中心として渋滞が激しくなっており、1号線と2号線が開通すれば、1時間に6万人の移動が可能となることから、道路の渋滞状況が大幅に緩和するものと期待されます。
なお、地下鉄が開通することで、現在タクシーでの移動が殆どとなっている、市中心部と空港又は新幹線が発着する大連北駅とのアクセスが格段に便利になります。

(2014年8月11日)

【急ピッチで工事が進む地下鉄車両基地】

ページのトップへ